リロケーションと管理

せっかく手に入れたマイホームなのに、海外などに会社の関係で転勤が決まってしまい住めない期間が出ることもあるでしょう。職場によっては日本だけでなくグローバルに活躍している会社もあるので、支店が海外にあるとそこへ行かなければならない場合もあります。しかし、会社を定年で辞めて退職したあとには、せっかく自分で買ったマイホームに戻って来たいと言う気持ちもあるのではないでしょうか?昔、定期借家権がまだなかったときは、自分が仕事を一段落して日本に帰国する際に、誰かが住んでいたりすると渡してもらえないというリスクもありました。せっかく自分で持ったマイホームなのにもかかわらず、法律に自分の気持ちを阻まれてきていました。2000年以降からは定期借家法が施行されて、一定の期間だけ家を貸すということもできるようになったため、不動産会社でもリロケーションサービスを開始するようにもなってきました。しかし、実際にまだ始まったばかりで10年近くしか経っていないので、貸す側と借りる側での問題もあり、そのやりとりに困惑してしまっている不動産もあります。簡単に管理が出来ると考えてしまう方もいるかもしれないのですが、いろいろとトラブルなどもあるので管理をするときには知識をつけておくことが必要になります。転勤者が近郊に転勤する場合や、不動産業に詳しい場合であればいいのですが、初心者で詳しくなく海外に転勤のときなどはしっかりとリロケーションの会社から説明を受けることが大切です。